会則・役員

 
         

  関東伊仙町会会則

 

第一条
本会は関東伊仙町会と称し、東京都内及び近県に居住する伊仙町出身者並びにその縁故者で組織する。
 
第二条
本会は会員相互の親睦を計り、かつ郷土愛の精神を培い、郷土の進歩発展に寄与することを目的とする。
 
第三条 
本会は前条の目的を達成するため下記の事業を行う。
        1
会員相互の親睦会
        2   
敬老会、成人式該当者の激励会
        3
郷土に関する情報の交換、会員消息の連絡通報
        4
郷土の進歩発展を図るための関係当局との連絡支援
        5
その他本会の目的達成に必要な事業、例えば青年部、女性部、親睦推進部、島興部 その他の部の設置を行う。
 
第四条
「本会の事務所」は、会長宅かまたは会長指定のところに置く。
 
第五条
本会に次の役員を置く
                           
会長:1名  副会長:3名  幹事長:1名  幹事・会計監事:若干名
                           
顧問・相談役:若干名 副幹事長:3名
                          
事務局長:1名 青年部長:1名 女性部長:1名
                          
親睦推進部長:1名  島興部長:1名
                        
 (事務局長・親睦推進部長・島興部部長は幹事長が兼務できる)
 
第六条
「会長」は総会で選出し、東部、中部、西部の輪番制とする。
  
「副会長」は3校区会の会長、「副幹事長」は3校区会の幹事長とする。                                                                                   「顧問」は本会の会長経験者、「相談役」は本会の副会長、幹事長、東京東奄美会役員、関東徳州会役員、のいづれかの経験者とする。 
                          
第七条
役員の任期は2カ年とする。
 
第八条
役員の任務は次の通りとする。
        1
「会長」は本会を代表し、会務を総括する。
        2
「副会長」は、会長を補佐し、会長事故ある場合これを代行する。
        3
「幹事長」は常時本会の会務を処理する。
        4
「幹事」は会費並びに寄付金の徴収、情報の収集、通信、伝達にあたり、執行に 必要な実施活動にあたる。
        5
「監事」は本会の経理を監査する。
        6
「顧問及び相談役」は会員の諮問に答える。
 
第九条
本会は年一回総会を開催する。但し、必要に応じて臨時総会及び臨時有志会を召集する。
 
第十条
総会及び役員会は会長が召集する。
 
第十一条
総会の議決を要する事項は次の通りとする。
        1
役員の選任
        2
事業計画
        3
会計報告
        4
その他の重要事項
 
第十二条
本会の経費は、会費並びに寄付金によるものとする。
 
第十三条
本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日で終わる。

毎年、総会において会計報告する。
 
第十四条
本会会則の改正は総会の決議による。
 
付則
本会則は一部改訂し平成22年7月4日より施工する。

                                     2011/5/14

 

                                            

 平成27・28年度  関東伊仙町会役員名簿    平成27年6月25日
役    職  氏  名(敬称略)
顧    問 堀江元文二
(伊仙町会歴代会長) 林 延宏
  中熊隆二
  宮本龍治
  福田毅雄
  樺山浩三
  永田一男
 

 岡村隆文

 平山徳廣

小坂田上

 

   
相  談  役 正野建樹
(伊仙町会歴代幹事長・徳州会役員・奄美会役員経験者)  寛司静一
 
泉 宏尚
重武茂任
吉田豊三
島岡 稔
平山徳廣
米倉文吉
稲泉豊彦
稲泉栄三
勝 光重

 

 樺山博昭

 林正次郎

田中明仁 

 勝 光重

 本田 守

 山木域予

 


会   長(西部会) 勝 光重
  副会長(面縄校区会)  関 和彦
  副会長(中部会)  吉見 修
  副会長(西部会)  岡村隆文
幹 事 長(西部会) 糸  実
  副幹事長(面縄校区会) 西田豊造
  副幹事長(中部会) 平 泰造
  副幹事長(西部会) 松 晋一